浜松市 太陽光 LPガス|株式会社セーフティ
ページタイトル

太陽光発電所用防草シート

太陽光発電所用防草シート

サンプルA

特長

・厄介な強壮雑草を完全にシャット!
チガヤ・ススキ・ヨシなどの強壮雑草を阻止
シートを突き破って雑草が生えたことはありません。


・透水性、通気性があり降雨による水たまりが出来ません。

・UV劣化防止素材で長期間防草効果持続!

サンプルB

特長

・高密度不織布
出芽貫通抵抗性に優れ、土壌中の強壮雑草の突き抜けを抑止。

・透水性、通気性があり降雨による水たまりが出来ません。

・優れた耐久性
耐候性に優れたポリエステル100%の長繊維不織布なので防草効果が持続

太陽光発電施設の雑草対策

Before

After

雑草対策をやらなければならない理由とは?

発電効率の低下

雑草の草丈が「ソーラーパネルより高く成長すると、パネルに影を作ったり、雑草に集まる鳥獣や虫によりパネルへの汚れが発生しやすくなります。
最初の数年は気にならなくても、年々発電効率を低下させていきます。

発電設備への障害

つる性の雑草がソーラーパネル配線に絡みつき運転障害を起こしたり、草刈り作業時に砂利などの飛散でソーラーパネルが破損する二次被害も発生しています。

獣害・鳥害・虫害

鳥獣害や虫害は、パネルの汚れに繋がるだけでなく、施設周辺の住民からのクレーム発生に発展する恐れもあります。
雑草が生えると虫が棲みつき、虫を求めて小動物が棲みつき、小動物を求めてヘビや肉食鳥獣が集まります。
雑草は"最初のキッカケ“となってしまうのです。

雑草対策費増大

除草剤散布や草刈りは多額のランニングコストがかかり続けます。
また草刈り機を使用の場合、雑草で見えなくなっている配線の断線や飛び石によりパネル破損させてしまうといった事例も多発しています。

雑草問題の根本解決に防草シートをご検討ください!
詳しくは当社にお問い合わせください。

電話からのお問い合わせ

053-467-5505

【営業時間 平日8:00~17:00】

メールからのお問い合わせ

PAGETOP